a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

top
Image Alt

パーソナルカラー ウィンタータイプに似合う服

パーソナルカラー ウィンタータイプに似合う服

ウィンター

パーソナルカラーは、4タイプに分類され、スプリング、オータム、サマー、ウィンターと呼ばれます。
4タイプ分類については、こちらをお読みくださいね。

ウィンタータイプの色

ウィンタータイプに似合う色は、ブルーベースでハッキリとした色、濃い色。
イメージは、冬の雪の中に置いたときに映えるような原色や深みのあるダークカラー。
都会的でシャープなイメージの色が良く似合います。
  • 真紅
  • ワインレッド
  • ローズピンク
  • ショッキングピンク
  • ボトルグリーン(ワインのボトルのような緑)
  • ロイヤルブルーなど
ベーシックカラーは、モノトーンや紺系が似合います。

ウィンタータイプの人の外見の特徴

  • 肌にピンクみが感じられる
  • 肌や髪にツヤがあり、髪が漆黒のような色
  • 目力が強い
  • 頬の血色があまり感じられない
  • 日焼けするとすぐに黒くなる

ウィンタータイプの特徴は、肌や髪が艶やか。髪の色が黒い方が多く、目力もあるので存在感があります。

子供の頃から、日焼けすると赤くならずに黒く定着しやすい方が多くみられます。

 

ウィンタータイプに似合う服・メイク

似合う色は、顔まわりやメイクカラーに使うと血色良く見えて効果的。
トップスやメイクカラーに写真のような色を少し取り入れると、ハッキリとして個性が引き立ちます。
アクセントカラーにビビッドなカラーを使うのが得意

似合うアクセサリーはシルバー系

ウィンタータイプに似合うアクセサリーはシルバー系です。
特にツヤのあるシルバー・プラチナ!
パールのようなソフトなツヤよりは、キラっとしたツヤが合います。

ウィンターカラーが苦手な方には・・・

もし、ウィンタータイプのはっきりしたイメージが苦手という方は、ベーシックカラーやアイシーカラー(氷のように薄い色)、メイクカラーを上手に活用すると良いですよ。
ウィンタータイプの方のベーシックカラーは、純白やグレー、黒。
モノトーンだけの着こなしにも負けません。
そこに、アクセントで靴や小物で濃い色などを差し色にしてみてはいかがですか。
メイクカラーは、ローズ系、レッド系のチークやリップ。
ツヤのあるベースメイクで仕上げて、色みをワンポイント入れるのもおすすめです。
ぜひ参考にしてくださいね。