a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

東京神楽坂のカラースクールA-color イメージコンサルティングサロンとスクールを運営

top
Image Alt

『色』で 簡単に見分ける!美容と免疫力UP 野菜のフィトケミカル1

『色』で 簡単に見分ける!美容と免疫力UP 野菜のフィトケミカル1

カラースクールA-colorの竹内美香です。

イメージコンサルタントとして外見を磨くことと一緒に、内側からも健康と美容は大切にしていたいなと思っています。特別なことではなく、毎日の食事から無理なく健康や美容を意識できたらいいですよね。

そこで私も食事を作る時に意識している、話題の「フィトケミカル」を4回にわたりコラムにまとめました。

野菜や果物の色の選び方を工夫すると、免疫力がアップ、美容効果も期待できますよ。

「フィトケミカル」は、「ファイトケミカル」とも呼ばれて「第7の栄養素」として注目されています。
5大栄養素といえば、「炭水化物」「タンパク質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」。
さらに「食物繊維」を含めた6つの栄養素をバランス良く摂取するのが大切です。

 

「フィトケミカル」は、「食物の機能性成分」のことで、野菜や果物に含まれる、色素や辛み、香りの成分です。植物が自分を外敵から守るために作りだされた成分なのです。ギリシャ語の食物を意味する「フィト」と化学物質を意味する「ケミカル」が語源になります。

 

このフィトケミカルの嬉しい働きは、私達の体内の活性酸素を取り除き、免疫力を高めてくれる効果が期待できること。つまり、年齢による体のサビや皮膚のたるみに繋がってしまう活性酸素から体を守ってくれるのです。

野菜や果物がカラフルな色をしているのは、多くはこの「フィトケミカル」に由来しています。カラフルな食事を意識的に選ぶだけで、健康や美容に繋がるなら、是非とも取り入れたいですね。

 

それでは、代表的なフィトケミカルをご紹介します。

赤の野菜や果物に含まれるフィトケミカルは、
「リコピン」「カプサイシン」

オレンジ色の野菜や果物に含まれるフィトケミカルは、
「プロビタミンA」「ゼアキサンチン」

黄色には野菜や果物に含まれるフィトケミカルは、
「ルティン」「フラボノイド」

緑には野菜や果物に含まれるフィトケミカルは、
「クロロフィル」

紫には野菜や果物に含まれるフィトケミカルは、
「アントシアニン」

黒には野菜や果物に含まれるフィトケミカルは、
「クロロゲン酸」「カテキン」

白には野菜や果物に含まれるフィトケミカルは、
「イソチオシアネート」「硫化アリル」

 

皆さんもご存知の名前がいくつかあったのではないでしょうか?
赤いトマトに含まれるリコピンや、ぶどうに含まれるアントシアニンなどは、食品のCMでも良く聞く言葉ですよね。リコピンやアントシアニンも「フィトケミカル」の一種で、抗酸化作用が期待できるもの。

 

それでは、今回のコラムでは「赤」のフィトケミカルに着目してみましょう!

 

赤系のフィトケミカルで有名な「リコピン」。
トマトに含まれるのはご存知の方も多いと思います。
このリコピンを摂ると、抗酸化作用や動脈硬化の予防が期待できるそう熱にも強いのでトマトソースにして食べてもOK。なので、サラダだけでなく、パスタや煮込み料理などバリエーションも豊富にできますね。
毎日でも使える便利な食材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパには、「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺があるほど、体に良い食材と言われています。

トマト以外でリコピンが含まれる食材には、「ピンクグレープフルーツ」や「すいか」があります。
朝、しぼりたてのグレープフルーツジュースにしたり、サラダに混ぜたり、果物は小腹が空いたときのおやつにも良いですね。ちょっとオシャレに盛り付けて、美意識を高めるのも良さそう。

 

同じ赤色でも、彩りに使ったり、調味料に使う唐辛子や赤いパプリカには、「カプサンチン」が含まれています。「カプサイシン」の書き間違えではないんですよ。「カプサイシン」は辛味成分のフィトケミカル、「カプサンチン」が色みのフィトケミカル。

「カプサンチン」も抗酸化作用、老化防止、がん予防の効果が期待されているので、お料理のアクセントとしてタバスコやコチジャンなどで使ってみては。お料理に少しプラスするだけで、抗酸化作用が期待できるなんて嬉しいですね。調味料は野菜に比べて常備しやすいので、私も「ちょい足ししたい」なんてときに使っています。

 

 

「食事は彩りよく食べると、栄養のバランスが良いですよ。」と言われますが、まさに野菜を彩り良く食べると、さまざまな病気の予防や美容にも繋がります。積極的にカラフルな食事を目指しましょうね。

 

 

早速、今日から試してみてはいかがでしょうか。

 

 

コラム

「色」で簡単に見分ける!美容と免疫力UP 野菜のフィトケミカル1

「色」で簡単に見分ける!美容と免疫力UP 野菜のフィトケミカル2

「色」で簡単に見分ける!美容と免疫力UP 野菜のフィトケミカル3

「色」で簡単に見分ける!美容と免疫力UP 野菜のフィトケミカル4

 


オシャレになるカラー情報・講座最新情報をご希望の方はこちらから!

メールアドレス