a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

top
Image Alt

痩せ見え効果も! 骨格タイプで美人度アップ

痩せ見え効果も! 骨格タイプで美人度アップ

ファッション雑誌でも特集される「骨格タイプ診断」

皆さんはご存知ですか?

 

あなたの骨格タイプに合った洋服を着ると、「痩せて見える」「スタイルアップ」が叶うんです。骨格タイプから、おしゃれに見える洋服の選び方や、着こなしポイントが分かるんですよ。

 

洋服選びのときには、ついつい思い込みや体型カバーを意識してしまいがち。

以前にも、こんな方がいらっしゃいました。

「痩せているし、お店に行くと販売スタッフからもエレガントな服を勧められるんです。

ボリュームのある服やカジュアルな服は着たことがないし、ちょっと抵抗が。

でも、なんとなくエレガントな服を着てもはまる感じがしなくて・・・」

 

「太っているから、黒のワンピースばかり選んでしまう。」

 

スッキリとした洋服、ボリュームがある洋服が似合うかは、

太っている、痩せているに合わせるのではなく、

あなたの「骨格タイプ」に合わせるとしっくりくるんですよ。

 

それでは、「骨格タイプって何?」「どうやって診断できるの?」「何を着たら良いの?」にお応えしていきます。

 

骨格タイプって何ですか?

骨格タイプは、体型を骨、筋肉、脂肪のつき方で3タイプに分類する診断方法です。

例えば

・体型が外国人のようにヒップラインが高い人
・逆に日本人体型と言われるようにヒップラインが低い人
・運動しても筋肉が付きにくいとか
・太るときにお腹に脂肪がつきやすいetc,

1人1人体型の特徴って違いますよね。

この体型の特徴をまとめたものが骨格タイプ診断です。

 

診断結果は、ストレート、ウェーブ、ナチュラルタイプの3タイプに分けられます。

骨格タイプがわかると、どんなスタイルの洋服を選ぶとスタイルアップして見えるかがわかります。

ストレートタイプの方は、ストレートなラインに見えるシンプルな洋服が似合います。

ウェーブタイプはソフトなラインの洋服、ウエストラインが高め。

ナチュラルタイプは、ボリュームのある洋服や重ね着、ウエストラインが低めが似合います。

 

ストレートタイプの特徴は?

ストレートタイプの方の体型は、立体的というのが特徴です。

手首や体型が筒型に近く、胸やお尻に立体感があります。体型を横から見たときに厚みのある体型です。リンゴ型の体型と言われる人に近いイメージです。

 

 

ストレートタイプに似合うデザイン

似合う洋服のラインは、その立体的な体型を美しく見せてくれる、「シンプル・ベーシック」なスタイルです。体型に付かず離れずのライン、生地はしっかりとしたハリのある洋服が得意です。

例えば、Vネックのシンプルで上質なニットとタイトスカート、パンプスと言ったシンプルな着こなしがとても素敵に見えます。

ストレートタイプの方が苦手なもの

モコモコしたニットや、首が詰まったレースなどを着ると、着太りしてみえやすい傾向があります。このタイプの方はご自身でもそんな経験があるかも。ハイウエストのボトムだと上半身が詰まった感じになったり、ローウエストもせっかくの体型が綺麗に見えなかったりします。

 

 

 

ウェーブタイプの特徴は?

ウェーブタイプの方の特徴は、手首や体型が薄く、ウエストやお尻の位置がやや低め。

洋梨タイプと言われる体型分類に近いイメージです。

 

ウェーブタイプに似合うデザイン

似合う洋服はハイウエストのボトムや首元にボリュームのあるデザイン。女性らしい素材感や繊細なものが、華奢な体型にボリューム感を足してくれます。

 

Aラインのスカートなど、スカートが似合います。トップスにボリュームを出すとスタイルアップするので、胸元にアクセサリーやレースなど繊細なものを盛るのもおすすめです。

 

逆に苦手なものは、シンプルなデザインのトップスやローウエストのボトム。

華奢な体が目立ってしまったり、足が短く見えてしまいスタイルダウンしてしまうことも。

 

 

 

ナチュラルタイプの特徴は?

ナチュラルタイプの体型の方は、肩がしっかりしていて、手首や体型は平面的なタイプの方が多くみられます。あまり胸やヒップが強調されているタイプではなく、ボーイッシュな体型のように見られるタイプです。

 

ナチュラルタイプに似合うデザイン

似合う洋服は、ローウエストのボトムやロング丈のトップス、ボトムス。重ね着やボリュームを足していくのが似合います。足元に重心がくるような靴、ロング丈が得意です。アクセサリーを重ねづけしてボリュームを出すのもステキに見せてくれます。

 

逆に苦手なものは、シンプルなデザインのトップスや短い丈のトップス。

ボリュームや長さのあるデザインが似合うこのタイプは、シンプルだったり、短いと物足りない印象になりがちです。

 

 

骨格3タイプの違いはいかがでしたか。

実際には、この3つのタイプがミックスされたタイプの方もいます。例えば、上半身はストレートタイプ、下半身はウェーブタイプの要素が見られる方もいます。

 

詳しい診断方法と似合う洋服は、各タイプの説明ページに書いていきますね。