a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

東京神楽坂のカラースクールA-color イメージコンサルティングサロンとスクールを運営

top
Image Alt

色で野菜のフィトケミカルが分かる2

色で野菜のフィトケミカルが分かる2

前回のコラムに書きました「フィトケミカル」。

私達の体内の活性酸素を取り除き、免疫力を高めてくれる効果が期待されています。

毎日の食事をカラフルにすると、多くのフィトケミカルが摂取できます。

 

赤の野菜や果物には
「リコピン」「カプサイシン」

オレンジには
「プロビタミンA」「ゼアキサンチン」

黄色には
「ルティン」「フラボノイド」

緑には
「クロロフィル」

紫には
「アントシアニン」

黒には
「クロロゲン酸」「カテキン」

白には
「イソチオシアネート」「硫化アリル」

 

今日は、オレンジと黄色のフィトケミカルについてまとめました。

 

オレンジ色のフィトケミカル

「プロビタミンA」「ゼアキサンチン」がありますが、「プロビタミンA 」は、かぼちゃやにんじん、みかんなどに含まれています。

 

プロビタミンAは、強い抗酸化作用、免疫力を高める、目の黄斑変性、がん予防の効果が期待できるそう。

さらににんじんは、腸での糖の吸収を抑えてくれるようですので、今、話題の血糖値の点でも体に良さそうです。

みかんは、手軽に食べられるので、「プロビタミンA」を取り入れたいときには便利な食品です。コレステロールの調整もしてくれるようですよ。

 

 

黄色のフィトケミカル

「ルティン」「フラボノイド」があげられています。

「ルティン」は、とうもろこしやほうれん草、ブロッコリー、ゴールドキウイ、かぼちゃ、と黄色ではない野菜も含まれてますね。

「ルティン」は加齢による視力低下予防、がん予防、肺機能の向上が注目されています。「最近、目の調子が気になる・・・」という方は、ルティンが含まれた野菜を意識して食べてみても良いかもしれませんね。

 

そして、ガムのCMで良く見かける「フラボノイド」。

「フラボノイド」は、玉ねぎ、ほうれん草、パセリ、レモン、柑橘類に含まれています。ほうれん草は、様々な種類のフィトケミカルが含まれいるので、ほうれん草1つでたくさんのフィトケミカルを摂取できそうです。

フラボノイドの効果は、血液をさらさらと流してくれる作用があり、高血圧予防、アレルギー対策などに効果がありそうです。

レモンは、免疫力をアップして、疲労回復、風邪予防の効果が期待されています。

昔からスポーツのときには、ハチミツレモンを作ったりしますが、疲労回復に効果的のようですね。

 

レモンの香りも私たちの気分をリフレッシュしてくれます。

香りの成分「リモネン」は、気持ちをリフレッシュしてくれます。

疲れたときには、レモンが体にも気持ちにも効きますね。

 

オレンジと黄色は、食欲アップのカラーです。

食欲の無いときには、目から食欲を湧かせましょう!