a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

東京神楽坂のカラースクールA-color イメージコンサルティングサロンとスクールを運営

top
Image Alt

色で野菜のフィトケミカルが分かる3

色で野菜のフィトケミカルが分かる3

「フィトケミカル」のコラム3回目です。

フィトケミカルは、野菜や果物に含まれている成分で、最近では第6の栄養素とも言われています。体内の活性酸素を取り除き、免疫力を高めてくれる効果が期待されています。

 

 

赤の野菜や果物には
「リコピン」「カプサイシン」

オレンジには
「プロビタミンA」「ゼアキサンチン」

黄色には
「ルティン」「フラボノイド」

緑には
「クロロフィル」

紫には
「アントシアニン」

黒には
「クロロゲン酸」「カテキン」

白には
「イソチオシアネート」「硫化アリル」

 

今日は、緑色と紫色のフィトケミカルについてまとめました。

緑色のフィトケミカル

緑の野菜のフィトケミカルには「クロロフィル」があげられます。

「クロロフィル」は、葉緑体に含まれていて、光合成色素と関わりがあります。

太陽の光をたくさん浴びて緑になった野菜を見ると、私たちはとても体に良さそう。と感じますね。

 

抗酸化作用、がん予防、コレステロール調整、殺菌効果などが期待されるフィトケミカル。

クロロフィルが含まれている野菜はたくさんあります。

ほうれんそう、ブロッコリー、ピーマン、にら、しゅんぎく、パセリ、あしたばなど緑野菜。

 

ブロッコリーは、彩りを添えるためにサラダに使ったり、お弁当に入れたりと食卓に乗る回数も多い野菜かもしれません。血液の流れを良くしたり、動脈硬化の予防にもなるそう。ビタミンCやB1も豊富なので、1つで多くの栄養素が取れます。

 

緑の野菜はサラダで食べるだけでなく、ほうれんそう、しゅんぎくなどは

短時間で茹でて、冷やして色を止めると、クロロフィルの変化も止まるそう。

 

色って、栄養がダイレクトにわかるんですね。

紫のフィトケミカル

紫色の野菜や果物のフィトケミカルは「アントシアニン」。

紫は食材には珍しい色ですが、最近は紫の野菜や果物が増えましたね。

アントシアニンは、赤、青、紫など色の範囲が広く環境に対応して分布しているそう。

昔から紫は特別な色。紫の食材も私たちに特別感を感じさせてくれます。

 

アントシアニンの効果は、抗酸化作用、高血圧の予防、肝機能の保護などが期待されています。加齢による白内障の予防なども研究されているそう。

 

紫の代表的な野菜というと茄子ですね。

紫いも、紫にんじん、紫キャベツなど紫系の食材は、ちょっと普段の食べ物と違って特別な印象。

果物ではブルーベリーが思い浮かびます。そのほかのベリー系にもアントシアニンが含まれています。意外なところでは、黒豆にもアントシアニンが含まれています。

 

アントシアニンが含まれる野菜の茄子は、抗酸化作用だけでなくアンチエイジングも期待されています。

油を使ったなす料理は、色鮮やかで美味しそう。アントシアニンにも変化しないようですよ。

 

そして、黒豆は、煮豆のほか、炒り豆、和菓子のほか食べ方もいろいろあります。黒豆には、疲労回復、白内障の予防、肝機能の向上、抗酸化作用が期待されています。

イソフラボンが含まれているので、骨粗しょう症や女性ホルモンのバランスを整える女性に嬉しい食品。

 

「朝から、どんな色の野菜を食べたかな?」

「今週は、何色の野菜・果物を食べたかな?」

と考えて、足りない色を食べていくと、どんどんバランスが取れていきますね。