a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

東京神楽坂のカラースクールA-color イメージコンサルティングサロンとスクールを運営

top
Image Alt

色で野菜のフィトケミカルが分かる1

色で野菜のフィトケミカルが分かる1

「フィトケミカル」って聞いたことがありますか?

 

CMでは「ファイトカラー」とも言われているので、「ファイトカラー」で聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

フィトケミカルは、「食物の機能性成分」のことで、野菜や果物に含まれる、色素や辛み、香りの成分です。

 

このフィトケミカルは、私達の体内の活性酸素を取り除き、免疫力を高めてくれる効果が期待されているそうです。

 

ギリシャ語の食物を意味する「フィト」と化学物質を意味する「ケミカル」が、「フィトケミカル」語源だそうです。

 

野菜がカラフルな色をしているのは、多くはこの「フィトケミカル」に由来します。

 

赤の野菜や果物には
「リコピン」「カプサイシン」

オレンジには
「プロビタミンA」「ゼアキサンチン」

黄色には
「ルティン」「フラボノイド」

緑には
「クロロフィル」

紫には
「アントシアニン」

黒には
「クロロゲン酸」「カテキン」

白には
「イソチオシアネート」「硫化アリル」

 

などのフィトケミカルが含まれています。

リコピンや、アントシアニンなどは有名ですので皆さんもご存知ですよね。

 

 

例えば、赤い野菜の代表「トマト」

トマトには、赤系のフィトケミカル「リコピン」が含まれているので、食べると抗酸化作用や動脈硬化の予防になると言われています。

リコピンは、熱に強いのでトマトソースにして食べても摂取できるそうですよ。

サラダだけでなく、パスタや煮込み料理など、バリエーション豊富で毎日食べても飽きなそう。

ヨーロッパに

「トマトが赤くなると医者が青くなる」

という諺があります。

トマトの赤を摂取することで体調管理ができそうですね。

 

 

赤いグレープフルーツやすいかなども「リコピン」が含まれていますので、トマト以外の食べ物で取り入れることもできます。

暑い日には、すいかが恋しくなりますが、水分補給だけでなく、リコピンも摂取できます。

 

 

同じ赤色でも「カプサンチン」が含まれているのは、唐辛子や赤いパプリカ。

「カプサイシン」と似ていますが、「カプサイシン」は辛味成分で、「カプサンチン」がフィトケミカル。「カプサンチン」も抗酸化作用、老化防止、がん予防の効果が期待されているそう。

タバスコやコチジャンにも、唐辛子が入っているので、お料理にちょっとかけるだけで、抗酸化作用が期待できるのですね。

 

 

「食事は彩りよく食べると、栄養のバランスが良いですよ。」と言われますが

野菜を彩り良く食べると、さまざまな病気の予防にも繋がるというわけです。

 

 

実際には、1万種類もあると言われるフィトケミカル。

 

実践してみるとキレイや健康に繋がりそうですね。

早速、今日から試してみてはいかがでしょうか。