a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

top
Image Alt

色彩検定受験の方にオススメ ー色彩検定の概要ー

色彩検定受験の方にオススメ ー色彩検定の概要ー

色彩検定は、公益社団法人色彩検定協会(AFT)が主催する、「色彩に関する知識や技能が問われる試験」です。

 

文部科学省後援の公的資格

現在、色彩に関する資格は多数ありますが、1990年と色彩の検定では古い資格で、第1回開催から累計140万人以上の方が受験しています。

団体受験する学校や、企業でも資格取得を認められるところもあります。

 

あらゆる色の知識が身につく

試験は1、2、3級にわかれ、色の基礎から、配色技法、専門分野(アパレル、インテリア、エクステリアなど)における利用など幅広く学習します。

 

感性や経験によらない、理論をベースにした色彩の知識を身につけることができ、

  • 色についての知識が無く基礎から学びたい方
  • アパレルやデザインなど色を扱った仕事をしていて色の知識を整理したい方
  • スキルアップを目指したい方
    など、自分の色の知識のレベルや目的に合わせて受験できます。

 

UC級が2018年に新しくスタート

2018年冬季の試験よりUC級が誕生しました。
UCとは、色のユニバーサルデザインの略になります。特定の色の組み合わせが判別しにくい人が男性は20人に1人、女性は500人に1人と言われています。また、加齢に伴い色を見分ける視機能が低下していきます。このような多様な色の見え方の特性について理解し、配慮した色使いができる人を増やし、誰もが暮らしやすい社会を目指す試験になります。

 

試験レベル

3級  初めて色彩を学ぶ方向け  色の理論や法則を学びます

2級  実務に応用したい方向け  仕事に応用できる各種技法まで学びます

1級  プロフェッショナル向け  色彩を提案する力を身につけます

UC級  UCの特性を理解し、配慮した色使いができる

 

どの級からでも受験できます。試験は、1、2、3、UC級のどの級からでも受験できます。また、1、2級併願、2、3級併願、UC級との併願などもできます。

 

受験資格

色彩検定の受験は、年齢、性別、国籍などは制限がないので誰でも受験できます。

 

当日試験会場に行くと10代から60代以降、学生から主婦の方まで幅広く受験者がみられます。

 

試験概要

3級  6月・11月(年2回)  試験時間 70分  マークシート方式

2級  6月・11月(年2回)  試験時間 80分  マークシート方式(一部記述)

1級1次    11月(年1回)     試験時間 90分  マークシート方式(一部記述)

1級2次    12月(年1回)     試験時間 90分  実技(※1次合格者)

UC級    6月・11月(年2回)  試験時間  60分  マークシート方式

 

合格ライン

各級満点の70%前後。試験の難易度によって変動することがあります。

(過去、各級の満点は200点になります)

 

 

 

1級2次試験免除について(2次試験に不合格の場合、1次試験の免除が2年間あります)

1級1次試験に合格し、2次試験に不合格になった場合は、後2年間(2回)に限り1次試験が免除になります。ただし、その場合でも新たに受検申込みが必要です。

 

試験に合格すると

各級合格者には、合格証書&資格証(○級 色彩コーディネーター資格証)が交付されます。

名刺サイズの資格証も貰えますよ。

検定料

3級  7,000円

2級 10,000円

1級 15,000円(1次試験免除の場合も同じ)

UC級 6,000円

 

 

申込み方法

インターネット、書店で行えます。

申込みの期間、詳しい方法は、AFTのホームページを確認してください。