a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

東京神楽坂のカラースクールA-color イメージコンサルティングサロンとスクールを運営

top
Image Alt

色彩検定受験の方にオススメー色彩検定1級2次試験出題傾向と対策ー

色彩検定受験の方にオススメー色彩検定1級2次試験出題傾向と対策ー

色彩検定1級2次試験は公式テキストがないため、独学の方は勉強方法に戸惑う方も多いかもしれません。このコラムでは、2次試験の概要と勉強のポイントが分かります。
1級1次合格から2年間は、1次試験免除で2次試験を受験できますが、できれば1回で合格したいですよね。

試験時間

【1級2次】90分

当日配布される物

●問題用紙

*問題用紙に直接解答を貼りますので問題用紙は持ち帰れません。

●日本色研 新配色カード199a

*配色カードの最初についている白い説明用紙は付いていません。

*配色カードの裏のv1とかd2のような番号と、5mmごとに付いているドットは印刷されていますので安心してくださいね。

 

持ち物

●受験票(免許証などの身分証明書も)

●筆記用具

●時計

●はさみ

●のり

*配色カードを切って、問題用紙に貼りますので、
「テープのり」が使いやすいかと思います。

例えば、こんなタイプのもの。

https://www.amazon.co.jp/テープのり/b?ie=UTF8&node=4071913051

 

「ピットのり」
いろいろなタイプがありますので、自分が使いやすい物を選びましょう。

https://www.tombow.com/products_type/glueing/

 

 

試験は大問が4〜5題

毎年の傾向では、ロゴ、ファッション、インテリアカラー、環境色彩などを

提案すると仮定した問題文に沿って、配色カードを選び貼ります。

 

 

2次試験に必要な暗記内容

3、2級とも慣用色名を覚えましょう‼︎

・色の名前

・pccsの番号に置き換えると何番か

 

アメブロに、慣用色名をpccsに置き換えるとpccsの何番かをまとめていますので参考にしてみてください。

色彩検定1級2次 慣用色名をpccsに

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(3)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(4)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(5)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(6)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(7)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(8)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(9)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(10)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(11)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(12)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(13)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(14)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(15)

色彩検定1級2次慣用色名をpccsに(16)

(2)は、書き間違いで抜けてしまったようですアセアセ

 

3級のテキストの暗記ポイント!

・pccsの色相名(1紫みの赤、2赤、3黄みの赤…)

・pccsの明度と彩度

・トーンのイメージ(vトーン=鮮やか、派手…)

・色相の配色(同一色相配色=色相差0、隣接色相配色=色相差1…)

・トーンの配色(同一トーン配色、類似トーン配色、対象トーン配色)

 

2級のテキストの暗記ポイント!

・マンセル表色系の表記の仕方

・配色(ドミナントカラー配色、ナチュラル配色・・・)

 

1級のテキストの後半部分の復習

・配色イメージ

・ファッション

・インテリア

・環境

配色イメージは良く出題されますので、過去問題を解きながら一緒に覚えましょう。ファッションの変遷、織物などの出題率は高い傾向があります。環境問題は、過去問題を解くのがオススメです。

 

過去問題を解く

3、2級の暗記ポイントは、ノートなどにひとまとめにしておくと、過去問題を解きながら再確認でき、スッキリと覚えられます。

過去問題は、時間を計りながら実施しましょう。

本番は、緊張や焦りで、普段しっかり出来ている方でも、時間ギリギリだったという生徒さんもいらっしゃいます。大体、1題15〜20分を目安に解く練習をしましょう。

問題文は、言い回しに特徴がありますので、この文章のタイプに慣れるのが大事です。

 

過去問題集は、2017年1級、2016年1級…と、1年分の問題と解答が1冊になって販売されています。

過去問題集は色彩検定の公式サイト、大型書店やアマゾンで購入できます。

 

 

解き方のポイント

文章題の一文ごとに、順番に答えを絞っていきましょう。

例えば・・・

「ロゴマークのカラーのコンセプトは、「健康的、陽気な」をイメージさせるトーンから選び、ロゴマークのaの部分とbの部分は、ナチュラルハーモニーにするために……」(これは過去問ではないです)

と続いていく文章を最後まで読んで、一度に考えようとすると、混乱しやすく、時間がかかります。

 

まずは、最初の文章の「健康的、陽気な」から「ブライトトーン」が解答になることを先に抑えます。
そして、続きの文章を読み、また考える。
と言うように、一文ごとに分けて読みましょう。

後は、本番を想定して、実際にpccsカラーカードを切って貼りながら解いていると、本番で焦らないと思います。

 

A-colorで、1級対策講座を何年も開催していますが、試験までは、上記のポイントの暗記と過去問題の繰り返し、問題集などを繰り返し解くのが最短での勉強法だと思います。講座では、A-colorで作成した暗記ポイントと練習問題を実践していただいています。