a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

東京神楽坂のカラースクールA-color イメージコンサルティングサロンとスクールを運営

top
Image Alt

骨格タイプ ナチュラルタイプに似合う服

骨格タイプ ナチュラルタイプに似合う服

骨格タイプ(あなたの骨格タイプは?骨格タイプを診断してみよう)で、

あなたは何タイプになりましたか?

タイプの特徴がハッキリ出ている方はcheckをしやすいかったと思いますが、

ミックスタイプの方などは少しわかりにくいかもしれません。

もし、自分でcheckしても「う〜ん、どっちだろう?」という方は、ご家族や友人と一緒に比較してみると分かりやすいかもしれません。

 

それでは、ナチュラルタイプの方が洋服を選ぶときのポイントをみてみましょう。

 

ナチュラルタイプの方に似合う服の特徴

ナチュラルタイプの方はメリハリがやや少なめのボディ、腰の位置が高め、骨格がしっかりしているタイプ。

そのナチュラルタイプの方の体型を、より美しくスタイルアップして見せるポイントは

  • ウエストラインはローウエストに
  • ボリューム感、凹凸のある生地
  • デコルテにアクセサリーやストールなどでボリュームを出す
  • 肩のラインは、オーバーサイズのライン
  • ロング丈
  • 重ね着

 

 

反対に、「何となくしっくりこない洋服」に下記のような洋服が多い方は、ナチュラルタイプの可能性がありますよ。

  • タイトなデザイン
  • シンプルなデザイン
  • 薄い、軽い素材
  • 華奢なデザイン
  • ハイウエスト
  • 丈の短いトップス、ボトムス

ナチュラルタイプはメンズライクなイメージがあるかもしれませんが、ポイントはウエストラインを下にすることと、凹凸のある生地やボリュームのある生地選びです。

ボリューム感は人によって異なりますので、厚手の重ね着が似合う方から、素材に凹凸があれば薄めの生地もOKな方もいますので、「私、重ね着が似合わないから・・・」と思わなくても大丈夫ですよ。

 


それでは、具体的にナチュラルタイプの方に似合う素材や柄の基本パターンをお伝えします。

素材

綿や麻、毛などの天然素材、バックスキンなど自然素材、凹凸感のある生地

ローゲージニット、ツィード、コーデュロイ、ムートン

 

チェック全般、幾何学模様、ボーダー、ストライプ、ボタニカル柄、ゼブラなど

パンツスタイル

ワイド、チノパン、カーゴ、サルエル、ダメージジーンズなど

 

スカートスタイル

タイト、ストレート、プリーツ、ロング、マキシなど膝下〜長めの丈が似合います

 

アイテム

ウールコート、トレンチコート、ムートンコート、ダッフルコート、ブルゾン、ポンチョ、

テーラードジャケット、シャツ、Tシャツ、ローゲージニット、ロングカーディガン、タートルネック

パンツスタイル

ストレート、ワイドパンツ、ハーフパンツ、きれいめデニムなど

 

厚みや凹凸のある素材、

ローウエストになる着こなしなど

ポイントを押さえて、あなたらしい着こなしを見つけてみてくださいね。

 


 

お1人お1人の骨格の特徴・お顔の印象をベースに、実際にタイプ診断をすると、もっと自分にマッチした洋服やコーディネートがわかります。

例えば、丸顔で可愛い印象の方は、花柄や可愛さを足すとしっくりと感じますし、シャープなラインのお顔の方は、幾何学や直線的なデザインを足すと「すごく似合う!」に近づきます。

 

 

骨格タイプを知って、あなたらしい洋服、褒められ服を見つけてましょう。

 


→あなたの骨格タイプを調べてみましょう