a

Emma Marie

and

Roko Button

15. October 2018.

at 7 o’clock in the evening
Villa Macadamiana second at Marianberg
Hilltop Dr Menomonee Falls, WI 53051 US

top
Image Alt

黒の服をおしゃれに着るコツ 自分に似合う黒が分かる

黒の服をおしゃれに着るコツ 自分に似合う黒が分かる

洋服選びで失敗したくないときの黒

「他の色もチャレンジしてみたいけれど、

似合うか分からないし、他の色を自分で選ぶ自信がないので

ついつい黒を選んでしまう。」

と、黒を選んでいらっしゃる方も多いのでは。

 

「でも実は、その黒い服が似合っているか自分でも分からない。

黒だったら目立たないし、安心だから選んでいる。」

という方もいるかもしれませんね?

 

せっかく自分を表現するための洋服。

もっと自信を持って黒をおしゃれに着たいですよね。

 

黒って選ぶのが難しい

黒はおしゃれなイメージがある色なので、着こなし方によってはとってもセンスよく見える色です。

でも、何となく黒を選んで着ているとかえって野暮ったくなる気がしませんか。

 

ニットの凹凸のある黒、綿のマットな黒、レースの透けるような黒、レザーの漆黒etc,

黒でも艶があったり、マットだったり、素材によって黒の様相も様々。

 

だから黒を選べば安心というわけではなく、自分にどんな黒が似合うかが大切なんです。

 

以前のように「黒」が似合わなくなった気がする・・・

年齢を重ねると

「若い頃は着ていたのに『黒』が似合わなくなった気がする・・・。」

そんな声をよく聞きます。

私自身も似合わなくなった、と実感しています。

若い頃は「黒」を着ても顔色が暗くならなかったのですが、今は黒だけでは顔色が明るくなりません。でも、黒はコーディネートに使いますので、ワードローブの中にはいつもある色です。

 

「なんで黒が似合わなくなったの?」

「じゃあ、黒は着ない方が良いの?

「どんな黒だったら着れる?」

そんな、皆様のご質問にお答えしていきたいと思います。

 

 

パーソナルカラーでは黒はウィンターの色

年齢とともに黒が似合わなくなった理由は、パーソナルカラーのタイプも関係があります。

パーソナルカラーは、肌、目、髪の色から似合う色のグループを診断しますが、「黒」が似合うのは、ウィンタータイプの方。

 

 

ウィンタータイプの方は、目や髪の色に艶やかな黒を持ち、黒の洋服を着ても、洋服の色に負けない方です。

なので、年齢を重ねてもそのまま黒がお似合いになるんです。

素敵ですね。

 

 

しかし、年齢を重ねたときに肌のハリや色が変化しますよね。

ウィンタータイプ以外の方でも、若い頃は肌のハリや艶があるので「黒」に負けないように感じるのですが、年齢を重ねるとハリや艶が少なくなる分、「黒」に若干負けてしまうように思います。

それで「黒」を着ると顔色が暗くなったように感じるのです。

 

一方で、ご自身のそれぞれのパーソナルカラーがとってもキレイに映える年齢とも言えます。

 

 

パーソナルカラーがウィンター以外の人にオススメの黒は?

 

パーソナルカラーがウィンタータイプの方は、黒を使ったモノトーンコーデなども素敵ですが、パーソナルカラーがスプリングやオータム、サマーの人はどんな黒を選んだら良いでしょうか?

 

各タイプの方が得意な質感をポイントに選ぶのがコツです。

 

スプリングタイプの方は、ツヤツヤ光沢が得意!

黒を選ぶときにも、ツヤを意識して選びましょう。

例えば、糸が細くツヤのあるニット、シルクのような艶のある質感です。

ゴールドとの組み合わせのアクセサリーも素敵ですよね。

 

オータムタイプの方は、マットな質感が得意!

黒を選ぶときにも、マットさを。

例えば、麻が入っている素材、コーデュロイのようなマットな素材です。

 

サマータイプの方は、軽やかな黒!

黒を選ぶときにも、透け感やマットさを。

例えば、レースの黒、オーガンジーの黒、薄手の素材の黒です。

 

 

これをポイントに選ぶと、顔色が暗くなりにくいので黒を選ぶときの参考にしてみてくださいね。

 

さらにおしゃれに見える黒の使い方

最近は、黒の靴ではなく紺やベージュ、カラフルな靴などで足元を軽くするコーディネートが流行しています。

ライダースジャケット、黒のニット、黒のトップス、などトップスに黒を使うなどもオススメです。

ボトムスを選ぶ場合は、デザインが自分の体型に似合うものを選んでくださいね。